スタッフブログ

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスによる各業界への影響が大変なことになっていますね。
スポーツの大会や文化イベントが軒並み中止になったり、観光業界も観光客が激減して大打撃を被っていたり…
東京オリンピックも開催できるのか不透明な状態ですね。
中国で生産するトイレやユニットバスなどの製品調達が難しくなるなど、建設業界でも影響が出ています。

 

感染拡大を防ぐために、在宅勤務が可能なテレワークを政府が推奨しています。
弊社もテレワークができる環境はすでにできているのですが、現場での仕事がメインの建設業にとってはなかなか難しいところです。


とはいえマスクの着用や手洗いなど、感染しないために普段からできる事を徹底し、感染しないことを心掛けて行動することが大切ですね。


corona.png
首相官邸ホームページ

 

雑記   2020/03/13   管理者

マイホーム購入は増税後の方がお得?

12月に入りグッと冷え込む日が多くなりましたが、皆様風邪などお召しになられておられませんか?
私はしっかり鼻ずるずるです。タオルケット一枚で寝てたのが原因でしょうか…

 

さて、10月に増税がありましたが、住宅購入に関しては増税前の駆け込み需要はあまりなかったようですね。
2014年の5%から8%への増税の時は、増税前に大規模な駆込み需要が発生し、増税後の反動減が大きく、マイナス幅としてはリーマンショック直後以来の大きさだったとか。

今回住宅購入の駆け込み需要があまりなかった要因としては下記のような制度によって、「慌てて購入しなくてもいいか」といった判断をされた方が多かったのかもしれません。

 

 ・住宅ローン減税の控除期間が3年延長
 ・すまい給付金が最大50万円に
 ・新築最大35万円相当、リフォーム最大30万円相当 次世代住宅ポイント制度
 ・住宅資金贈与の贈与税非課税枠が最大3,000万円に拡大

 


「すまい給付金」サイトの住宅ローン減税シミュレーションによると、下記の条件で総控除額がおよそ80万円ほど多くなるようです。
 ①家族:夫、妻、子供(2歳)
 ②収入:夫(675万円)(課税所得:344万円)
 ③住宅価格:5000万円(内、建物価格4000万円、借り入れ4250万円)
 ④金利:2%(固定)
 ⑤返済:元利均等 35年
 10年間の総控除額:376万円
 13年間の総控除額:456万円
 総控除額の差額 :80万円


さらに「すまい給付金」サイトに、すまい給付金のシミュレーションもあったので、下記条件でやってみました。
 ・住宅購入時の消費税:10%
 ・所有権      :一人で所有
 ・住宅ローンの利用 :有
 ・年収       :675万円
 ・扶養家族     :2人
  シミュレーション結果【給付金:20万円】
 
8%で住宅を取得した場合のシミュレーションは、給付金0円でしたので20万円お得ですね。


建物価格が4000万円で、増税前と増税後では消費税の差額は増税後の方が80万円髙くなりますが、シミュレーションによると、住宅ローン減税の80万円とすまい給付金の20万円と合わせて100万円なので、増税後の購入の方がお得ということになりますね。


もちろん、実際にはシミュレーションのような結果とは異なることもあるかと思いますが、慌ててマイホームを購入しなくて正解だったというケースは多そうです。

 

他にも「次世代住宅ポイント制度」「住宅資金贈与は最大3,000万円が非課税」になる贈与税の特例など、増税後であっても恩恵を受ける制度がありますね。(住宅資金贈与は私には無縁ですが…)

上記のような制度を活用して、「この機にマイホームを!」とお考えの方は、ぜひサンエースまでお問い合わせください!
 

  2019/12/09   管理者

リフォームとリノベーションの違いについて

10月に入り、朝・夕とだいぶ涼しくなってきましたね。
日中との温度差が大きくなってますので、体調を崩さないようにしてください。

 

さて、皆さんは「リフォーム」「リノベーション」の違いをご存じでしょうか?今ではよく耳にするようになった「リノベーション」ですが「リフォーム」と同じ意味で使っている人も多いようです。
今回は、「リフォーム」と「リノベーション」の違いについて書きたいと思います。

 

いきなりですが、結論から言いますと「リフォーム」と「リノベーション」に国が定めた厳密な定義はありません。リフォームやリノベーションを施工する会社が、それぞれの解釈で使い分けているのが現状で、概ね下記のような解釈になっています。

 

【リフォーム】
 古くなった建物や設備を新築の時のような状態に戻す事。

【リノベーション】
 既存の建物を現状よりもさらに向上させ、新たな価値を与える改修。


ざっくりとした説明になってしまいましたが、「クロスが汚れてきたから張り替える」「水回りの設備を新しくした」といった、老朽化したものを元に戻す改修はリフォーム「家族が増えたので間取りを変更する」「趣味の映画を見るためシアタールームを作る」「耐震補強や防音工事」などライフスタイルの変化に伴う改修や、住宅自体の機能向上を目的とした改修はリノベーションに分類されると弊社も解釈しております。
費用に関してもリノベーションは自分の思い通りの間取りや設備を導入できる反面、工事が広範囲になって費用が高くなる傾向がありますね。

リフォーム・リノベーションどちらを選択するかは、ライフスタイルや予算など様々な要素を踏まえて考えなくてはなりません。


最良の選択をして、理想の住まいを実現するお手伝いをサンエースは得意としておりますので、リフォーム・リノベーションまたは新築・建替えなど、お住まいの事に関してはなんでもご相談くださいね。

 

refome_renov.jpg

 

仕事のこと   2019/11/12   管理者

土地の消費税

総務部の盛田です。

 

たまにお客様から「土地にはなぜ消費税がかからないのか?」といったご質問をいただくことがあります。確かに土地には賃貸・売買に関わらず、消費税はかかりませんよね。
これはなぜかというと、消費税は消費するものに対して課税される税金で、土地は消費されるものではないということで消費税がかからないとの事。ですので、家を売買する場合は販売価格全体に消費税がかかるわけではなく、建物にのみ消費税がかかります。

 

では、月極駐車場はどうでしょうか?実は駐車場には消費税がかかります。(消費税をかけていない駐車場もありますが、それは貸主が課税業者かどうかといったまた別の理由があります)
駐車場はアスファルト舗装をしてあったり、ロープなどで区画を明示しているので、駐車場としての施設利用が目的という明確な理由があるため、消費税がかかるという訳です。

 

ただ、土地にしても駐車場にしても、下記のように課税になったり非課税になったりといった場合もあります。
 ・賃貸期間が1カ月未満の土地は課税
 ・全住戸に駐車場が割り当てられているマンションで、賃料を住宅部分と駐車場部分とに区別して

  収受していない場合は非課税
など。

 

条件によって課税関係が変わる側面が消費税にはありますね。

10月には消費税も10%に引き上げの予定とのことで、今回は消費税に関連したお話でした。

にしても10%の増税は家計に響きますね…

 

car_parking.png

 

仕事のこと   2019/08/13   管理者

今シーズン初のジェットスキー

管理部の菊水です。
消費税が10%になるのかどうか、皆様もやきもきしているのではないでしょうか?
弊社サンエースも建設工事の受注額や賃貸物件の賃料、社内で使用しているシステムなど、影響するところが多いためやきもきしております。


さて、6月に入った最初の日曜日ですが、今シーズン初のジェットスキーをしに若林課長と一緒に岐阜県木曽川へ遊びに行ってきました。

マシンは2台で、1台はスタンディングタイプのシングルモデル、もう1台は2人乗りも出来るタンデムモデルです。共に1980年代に発売され、当時ジェットスキーブームの旋風を起こした人気モデルです。オールドモデルではありますが、まだまだ現役で、パワフルに水上を滑走してくれます。


この2台のマシンの面白いところは、現代のマシンと違って、誰でも簡単に乗るということが難しく不安定なところです。普通に立つことが難しいし、普通に走るだけでも体重移動やバランス感覚が必要なんです。特に乗り込み時は、バランスを取ることが難しく、バランスを崩すとすぐに転倒してしまいます。なので、何とかこのマシンを乗りこなしたい!上手くなりたい!と虜になっております。

 

おかげさまで今では普通に乗りこなすことが出来るようになったので、今はアクロバティックな技の練習を始めています。まだまだ奥の深いジェットスキー!仕事の気分転換もしながら、技の習得を目指していきます。

 

IMG_3547.JPGIMG_3552.JPG

jet02.jpgjet01.jpg

 

趣味のこと   2019/06/20   管理部

ゴールデンウィーク

サンエース総務部の盛田です。

皇位継承に伴い、大型の10連休となったゴールデンウイークも終わりましたね。
世論調査では10日間すべて休めた人は22%だったとか。私も途中出勤して仕事をしておりました。

 

ゴールデンウィーク中に元号も「平成」から「令和」に変わりました。令和時代の不動産・建設業界がどの様に変わって行くのか楽しみですし、その変化を敏感に捉えて行けるよう、しっかりとアンテナを張って行きたいと思っていますので、令和も株式会社サンエースをよろしくお願いいたします。

 

さて、私は人が多いところが苦手なので、毎年ゴールデンウィークはあまり出かけないのですが、今年は福井までキャンプに行きました。
穴場のキャンプ場だったらしく、それほど混んでもなく、目の前が海という抜群のロケーション!しかも綺麗!

早速お気に入りのテント「コールマン ウェザーマスターコクーン2」とヘキサタープを設営して、海を見に行きました。

海に入るにはまだ早いと思っていたので、水着などは持って行ってなかったのですが、子供たちはお構いなしに服のまま海にドボン!楽しそうに遊んでいました。


夜中は少し冷え込みましたが、2日間とも天候に恵まれてとても楽しく過ごせました。

行きは朝5時半に家を出て、帰りも温泉に入って22時頃に福井を出発したので渋滞にも巻き込まれず、ストレス無く楽しめましたよ。

 

190507_sb_IMG_3514.JPG190507_sb_IMG_3513.JPG

 

190507_sb_IMG_3516.JPG190507_sb_IMG_3512.JPG

雑記   2019/05/07   総務部

不動産・建設業界とIT

総務部の盛田です。

4月も半ばを過ぎ、新入生・新社会人になられた方々も、そろそろ新しい環境にも慣れてきた頃でしょうか?
弊社も例年4月頃までは、新生活を送られる方の引っ越しなどで、賃貸部門は大忙しとなりますがようやく落ち着いてきた感じです。

 

さて、最近はIT分野の発展がめざましいですね。5GやIoT、AI…。なにやらアルファベットや数字の羅列でよくわからなくなります。不動産業界にもITの波は押し寄せていて、不動産とテクノロジーを合わせた「不動産テック」という分野が注目を集めているとか。
※金融業界では、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた「フィンテック」というそうです。

 

弊社も2年半ほど前に、パソコンで行っていた作業環境をクラウドに移行し、業務の効率化とデータ保全、セキュリティ強化を行い、ITを活用した「守り」については、一定の基準は満たせているかなと思っております。
今後は「攻め」の部分でITを活用していけるように色々と検討しております。が、様々なサービスがあり何が良いのかどれが効果的なのかの見極めが難しいのが実情です。
しっかりと取捨選択をして、お客様の満足度につながるようにしていきたいと思っております。

job_it.png

仕事のこと   2019/04/17   管理者

不動産・建設業・注文住宅・土地活用・建設工事・不動産管理・リフォーム・大阪、京都・枚方・交野・八幡・京田辺・春日・津田・藤阪・長尾・学研都市線

PAGE TOP